青汁を食前に飲むのがいいという訳

青汁を飲むのはどのタイミングがいいのか迷うこともありますよね、一般的には食前に飲むのがいいと言われますが、どうしてなのでしょうか。

まず一番の理由は青汁の食物繊維が豊富さにあります。食事の前に食物繊維をとれば、脂肪や糖類の吸収が緩やかになり血糖値の急激な上昇を抑えることができます。また、満腹感も感じやすくなるため食べ過ぎを防ぐことができます。

もうひとつは意識の問題なのですが、食前に青汁を飲むと意識することで食事抜きになることが防げるという点です。

忙しい時など、ふと気づくと食事を食べられていなかったりすることがありますよね。特に朝食や、主婦一人の時の昼食なんかはついついとばしがちになったりもします。

青汁を飲む癖をつけると、飲んだついでに何か食べておこうかと意識できますし、最悪の場合食べられなくても青汁自体に栄養素がたっぷりですので、意味があります

もちろん自分にあったタイミングはあると思いますし、あくまで食品ですのでおやつとして種飲んでもいいし、お茶がわりに1日かけて飲んでもいいし、食事の最中に飲んでもいいです。

もしいつ飲むのがいいか迷ったなら、食前に飲む習慣をつけるといいかもと思います。

★関連おすすめコンテンツ★
青汁効果【青汁の効果について原材料から考えているコンテンツです。】

このページの先頭へ