胸焼け

胸やけは、胃液の過剰分泌によって起こります。胃液が溢れて食道に逆流し、強い酸性の胃液が食道の粘膜を刺激し、ヒリヒリするのが胸やけの正体です。

胃の内壁は胃自体が有する防御システムにより、強力な胃液から守られているわけですが、胃に繋がっている食道にはそういった防御システムが存在していません。食道と胃の連結部分には環状の筋肉である噴門括約筋があって、その筋肉を開け閉めすることにより、胃への食物の流入と、胃からの消化物の逆流をしっかりとコントロールしているからです。

ところが、この噴門括約筋に何らかの異常が生じ、嚥下運動に関係なく弛緩して、噴門の開け閉めが上手くいかなくなった場合、胃の中にある消化中の内容物が食道に逆流して、食道粘膜が胃液や十二指腸液にさらされてしまうといった事態に陥ってしまいます。

一旦、胃に入った食べ物は、当然にして胃液に含まれる強力な塩酸や消化酵素にまみれているため、逆流すると防御システムを有しない食道の内壁を激しく刺激するわけです。その刺激がまるでジリジリと胸が焼けるような感覚であることから、一般に胸やけと呼ばれています。

さらにこの噴門括約筋の異常が慢性化し、胃の中の消化物の食道への逆流が頻繁に繰り返されるようになると、やがて食道の内壁に炎症を起こしてしまいます。この病気のことを逆流生食道炎といいますが、他にも食道炎は原因によって名称はもちろんのこと、症状や治療法も異なります。

最も多いのはこの胃の内容物が食道内に逆流することで発症する逆流性食道炎です。必ずしも自覚症状と重症度が一致しているわけではなく、また、本来ならば腹腔内にある胃の一部が横隔膜にある食道裂孔という穴を通って胸腔側へ脱出している状態になる、食道裂孔ヘルニアを伴っていることも多いです。その炎症が悪化してびらんや潰瘍ができてしまうと、胸やけとともに痛みや出血を伴う場合があります。

他にも胸焼けを引き起こす病気もあれば、胸焼けが長期間続くことで発症する病気もいくつかあります。

胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍など、炎症によって粘膜を深く抉り取られ、治癒には平均2~3ヵ月かかるものもあります。年齢によって潰瘍が出来やすい箇所が違い、10~20代の若年者には十二指腸潰瘍、40歳以降には胃潰瘍が多くみられます。これらの潰瘍は日本では「ピロリ菌」と「エヌセイド」が2大成因で、十二指腸潰瘍の約95%、胃潰瘍の約70%はピロリ菌が成因です。日本は衛生環境が整っているほうですが、健康な人でも歳を取るにつれてピロリ菌の感染率は上がり、50歳以上の感染率は80%といわれています。エヌセイドとは風邪や関節リウマチの治療に使用される非ステロイド性抗炎症薬で、胃液から胃粘膜を守るプロスタグランジンの合成を抑制する作用もあります。通常、医師の指示通りに服用すれば問題はありませんが、エヌセイドが成因の場合は自覚症状がないことが多いため難治性の潰瘍になりやすいといわれています。

他にも急性胃炎・慢性胃炎などが考えられますが、胃ガンの場合にも食後に胸焼けやげっぷ、さらには吐き気や食欲不振などの症状が続くことがあるので特に注意が必要です。

病気が原因ではなく時々起きる胸焼けの原因は、日常生活にある場合が多いです。胸焼けと食事には密接な関係があります。何か物を食べると胃は消化の準備を始めます。消化の準備とは、内容物を泥状に溶かす胃酸を分泌することです。胃酸は強酸性で、消化と同時に殺菌効果もあります。胃が胃酸によって消化されないのは、胃壁が粘膜で覆われている事と、胃酸と同時に中和する重曹も分泌しているからです。健康的な体の人の胃は、これらが上手く作用して消化がスムーズに行われているのですが、暴飲暴食による胃酸過多が原因でこのバランスが崩れることがあります。食べるのが多いとそれに比例して胃酸も多く分泌されて胃酸過多となり、胸焼けが起こります。

暴飲暴食とも関係するダイエットでも同じく胸焼けがする場合があります食事制限でのダイエットの場合は通常時よりも食事量が非常に少なくなるため、逆に溶かす内容物がない状態で胃酸が分泌されてしまうので、バランスが崩れ胃が荒れて胸焼けを起こすのです。

また、お酒は会話を弾ませたり気分が良くなって食事を楽しくさせてくれますが、適量を超えて度が過ぎると次の日に二日酔いになることもあります。実はアルコールは胃液の分泌に大きく影響をもたらします。アルコールは分子が小さいサイズの為、胃の粘膜を通り抜けて直接胃に刺激を与えます。お酒は適量であれば胃の消化を助けてくれるのですが、二日酔いになるくらい深酒をしてしまうと胃に負担をかけてしまい、逆効果となってしまいます。これが胸焼けを発生させる原因となってしまうのです。

二日酔いでの胸焼けを回避するには自分の許容範囲以上に深酒をしないことです。自分のお酒の許容範囲というのは自分の感覚でしか分からないものです。これ以上飲まない方が良いなという所まででセーブすることや全く飲まないという選択肢もあります。また、飲酒前に肝臓や胃の働きをサポートする栄養ドリンクなどを飲んでおいたり、酒の肴には良質のタンパク質を含む食事(大豆類、魚介類等)を心掛けるなどして、少しでも体を労わるよう努めると緩和されます。

他の原因としては肥満が挙げられます。脂肪が増えるとそれだけ内臓に負担がかかり、内臓の機能に著しく影響を与えるということは周知の事実です。また、脂肪そのものが内臓を圧迫することも懸念されます。そもそも人間の体内に存在する脂肪は、中性脂肪・脂肪酸・コレステロール・リン脂質の4種類があります。この中でも体内の脂肪の90%ほどを占める中性脂肪が肥満の原因となります。中性脂肪の中性とは、酸性でもアルカリ性でもない中性だから中性脂肪と名付けられたものです。

そして妊娠も胸焼けの原因となる場合があります。特に妊娠初期に多く見られますが、妊娠初期というのは女性ホルモンが大きく変化し、ホルモンバランスが崩れがちです。これによって内臓の働きにも影響をもたらします。内臓機能が低下した状態で食事を摂ると、消化不良を起こしやすく結果として胸焼けや吐き気を催すというわけです。また妊娠後期でも胸焼けをすることがあります。これは肥満と同じような原因で、妊娠で大きくなったお腹が内臓を圧迫することで起こるものが多いようです。妊娠中はいつも以上に栄養が必要となりますが、胸焼けがすると、食事をするのもおっくうになってしまいます。最近は体重制限も厳しいことが多いので出来るだけお腹に負担がかからない食事を選びましょう。

また、ストレスも胸焼けの原因の代表的な存在です。ストレス社会と呼ばれるほどの現代社会に生きる上で、何かしらのストレスを抱えていない人は全く居ないと言っても過言ではなく、誰しもがストレスと向き合っていく必要がある生活を強いられています。

ストレスが溜まると交感神経と副交感神経のどちらか一方が高まった状態になり、人間の体には様々な影響があります。これが内臓の機能に大きく作用してしまいうのです。特に副交感神経が高まった状態になると、胃液が活発に分泌されるので食事を摂っていなくても胃酸過多の状態になってしまいます。これにより胸焼けを感じてしまうことになるのです。

また、薬の摂取が原因で胸焼けを発することがあります。風邪や特定の病気で病院から薬を処方される時に、医師もしくは薬剤師から必ず処方にあたっての注意事項の説明を受けます。この時によく「食後30分以内に服用」などと言われますが、これは食後以外の通常時に服用すると副作用が発生する可能性が高まる場合があるという意味もあります。薬も口から体内へ入れることにより、胃が食べ物と勘違いして胃酸の分泌を促します。しかし実際に口にした物が薬だけなのであれば胃酸過多の状態になってしまい、胃を傷付けてしまう結果を招くのです。これにより胸焼けとして症状が現れることがあるというわけです。病気を治すための薬が、他の病気を誘発してしまうというのは本末転倒のような気もしますが、「医薬品は使用上の注意をよく読み、用法用量を守って正しくお使いください。」という注意は大事なのですね。今一度自身の食生活を見直し、出来る限り規則正しく食事を摂るように心掛けましょう。

胸焼けの症状は、胸が焼けるように熱い、ゲップとともに喉に胃酸が戻ってくる、吐き気がする、胸がムカムカする・胸(胃の上部)が熱い・食欲旺盛といった症状が見られることもあります。症状が慢性化して進行すると声がかすれたり、咳が良く出たりと日常生活に不便なことも出始めます。胸焼けは胃酸の濃度が高いときに起こる症状ですが、無酸症でも起こる場合があります。様々な症状と混同していて見分けがつかないという場合には、いつどのような症状があるのかをより具体的にする必要があります。

空腹時に起こる胸焼けの原因として考えられるものは、主にストレスによる体調不良や・嗜好品の過剰摂取・不摂生による胃酸の分泌過多・胃粘膜の荒れなどがあり、特に朝起きたときに胸焼けを感じる原因には、前日に飲んだアルコールが胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与えます。必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうのには理由があるからです。このような状態では、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。胃粘膜修復、胃酸分泌抑制剤などで出すぎてしまった胃酸を中和し、胃粘膜への負担を減ら速やかにも良いですし、傷ついてしまった粘膜を修復する成分の入った胃薬を飲むのもよいでしょう。

食後に起こる胸焼けの原因として考えられるものは暴飲暴食やストレスによる胃酸の分泌過多・胃粘膜の荒れ・肥満による胃の圧迫・食後すぐに寝そべることで起こる胃液の逆流などが考えられます。食後、数時間たっても「食べたものが胃に残っている感じ」を伴う胸焼けが起きる場合は、胃の機能が低下していることが原因であることが多いようです。

健康な胃の場合、胃の中の食べものは2~3時間で消化されます。しかし、加齢や体調などの影響で、食べものを消化するのに必要な蠕動運動が弱ってしまうと食べたものの消化が進まず、なかなか十二指腸へ送られません。こうした場合、食べたものを消化するために胃酸がいつまでも分泌されることになり、その結果、胸焼けなどの不快症状が起こります。

胃運動機能改善(整胃)剤などで胃粘膜を守る粘液の分泌を促したり、粘膜を守って胃の蠕動運動を助ける効果のある薬で
弱った胃を守って胃の健康を守りましょう。

胸焼けを起こしにくい健康な体になるためにも、まずは自分で出来る範囲で生活習慣の改善を試みることが一番ですが、過ごし方に気を付けるだけで症状が緩和されることもあります。例えば寝るときは上半身を少し高くすることで胃酸の逆流を防いだり、肥満傾向にある場合は、食事量を節制するなどして体型を健康な状態に維持すると胸焼けの予防になります。

また、食事内容は油物や香辛料の多い刺激物・熱いもの冷たいものを避け、消化の良い食べ物を心がけることで荒れてしまった胃の粘膜を回復させることができます。

そして胸焼けを解消する代表的な食べ物と言えば大根です。大根に多く含まれるジアスターゼという消化酵素が胃の消化を助け、胸焼けの症状を解消してくれます。しかしジアスターゼは熱に弱く、煮物や焼くなどの熱加工をすると分解されてしまいます。すなわち擦りおろしやサラダといった生食での食事が必要となります。ただ、大根のおろし汁などを大量に飲むと刺激が強すぎてかえって吐き気をもよおしたり、逆に負担になる場合もありますので適度に美味しいと思う量を食事として食べるようにしましょう。

胸焼けがひどい場合には体が酸性に傾いていますので、肉食中心の食生活を避けて、酸味の少ない野菜や果物を摂るように心掛けると良いようです。人参・キャベツ・レタス・山芋・セロリ・白菜・桃・びわ・いちじく・豆腐・白身魚などが胸焼けを解消してくれると言われます。これらの食べ物は胸焼けを治すというよりは、胸焼けを起こしそうだなというときに、予防のために良いものという感覚の方が正しいかもしれません。

思うように野菜を摂る事ができないという人は、青汁を活用されると良いでしょう。

>>青汁比較

胸焼けの症状に効果的なツボもありますので、気持ちいいと思う程度の刺激を与えたり温めたりするのも効果的です。ツボによって刺激の仕方に注意が必要なこともありますので、確認しながら刺激しましょう。

両鎖骨の上縁にあるくぼみに位置している気舎(きしゃ)というツボは、力を入れすぎると、反射的にむせ返ってしまうので注意が必要ですが、胸焼け以外にも喉の痛みや咳や痰が辛い時、吐き気や嘔吐や悪阻にも効果が期待できるツボです。

また、体の中心でみぞおちの少し下、指2本分ほど下に位置している巨闕(こけつ)というツボは、胃の働きを活性化させるツボです。胸焼け以外にも肩こりや首の痛み、頭痛にも効果が期待できます。力を入れすぎて強く押すと胃や食道を圧迫し、かえって逆効果ですので注意して下さい。

お腹の中心という意味から名付けられた、中かん(ちゅうかん)という、みぞおちとヘソの中間に位置しているツボは、整腸作用のあるツボで胃もたれや、お腹の調子が悪い時にも効果的です。こちらも強く押すと逆効果ですので、息を吐きながらゆっくりと押すようにすると良いです。

手のひら中央やや下方にある胃腸点と手の甲中央にある胸腹区に強刺激を与えると、胃の機能が抑制され胃酸の分泌が抑えられるので有効です。強刺激とはつまようじやヘアピンなどで強く突くことで、柔らかく揉んだりすると胃酸の分泌を促すことになるので逆効果ですので注意が必要です。

また、胃は精神的な影響も受けやすい臓器ですので、適度に趣味やスポーツなどを楽しんでストレスを溜め込まないようにしたり、いつもと違う道を歩いたり昼食の場所を変えるなどの気晴らしをしたりするだけで改善されることもあります

胸やけ症状自体は一時的なものであれば特に心配する必要はありませんが、もしも生活習慣などに気を付けてセルフケアしてみても長期間に渡って胸焼けが続くような場合や、さらに胃ガンの兆候が見られるような場合には、サプリメントなどによる症状改善にこだわることなく、速やかに消化器内科を受診することが適切です。

Written by りょ~ちん

人気の青汁

このページの先頭へ