手足の冷え症

女性の悩みとして深刻で、意外に多くの人が抱えている冷え性、自分では気づいていなくても実は冷え性だったなんてことも多そうです。中には「冷え症」だと思っている人もいるかもしれませんが、実は「冷え性」が正解です。「症」というのは病気をあらわす表現ですが、「性」はその人の体質を表す表現で、病気ではないのですね。

現代の日本では殆どの一般的な病院が西洋医学を基準とした病院です。西洋医学の世界では、「冷え性」という診断名はありません。冷え性は自覚的な症状として扱われ、末端の血管の血流が悪く、血行障害を起こしている状態だと捉えられています。冷え性が「体質」に過ぎないのか「病気」の分類なのかは、医学界でも見解が分かれているようですが、体全体のバランスを整える機能が乱れていることは間違いなく、最近では冷え性外来もできてきているようです。西洋医学の医療は、病気を臓器別にとりあげて診察し、化学薬品や手術など治療手段とします。多くの冷え性の場合は「自律神経失調」として診断され、精神安定剤を処方されたり、冷えの症状を緩和するような投薬が行われます。冷えだけなら、ビタミン剤が処方されて終わることもあるようです。治療では血行を悪くしている原因を取り除くことに力を注ぎますので、冷えの症状が、甲状腺機能の低下など特定の病気によって引き起こされている場合には、西洋医療は非常に有効で、短期で効果を出すことができるのも特徴の一つです。

西洋医学的な冷え性の改善は、その原因にある根本を治すのではなくて、症状に対処する対症療法が行われるといえます。すなわち冷え症を治したいと思って病院に行っても、その症状に対しての処置や診断はしてもらえても、根本的な治療薬はないので、普段の生活の中で、体質を変えていくしか治す方法はないのです。

一方、東洋医学では冷え性を「万病の元」として警戒しています。手足の先など特定部分が冷たくて、不快感が6か月以上続くような状態を「冷え性」として定義していて、調子が悪い部分が出している危険信号として捉えています。治療では、原因を一つに特定せず、ストレス・疲れ・食生活など様々な生活習慣の乱れによって、病気・症状が発生していると考え、総合的な観点から、長期的・根本的な治療が行われます。即効性のある治療はできませんが、体質レベル・生活習慣レベルからじっくりと治していくことができるのが特徴です。

このように、西洋と東洋とでは冷え性についての捉え方に違いがあり、治療のアプローチや特徴もそれぞれ違うので、双方を上手に活用しながら改善に取り組んでいくのが冷え性を改善するためには有効な手段になってきます。

そして混同されがちですが「寒いのが苦手で、少し寒いと大きな寒さを感じる。」というのは冷え性ではなくただの「寒がり」であることも多いようです。厚着をしたり、暖かい場所にいたり、体を温めていくことで、体が温まるなら、冷え性ではありません。冷え性とは、体全体は寒さを感じないのに、部分的に冷えている症状をいいます。いくら体を温めても手や足などの冷えた一部分はなかなか温まらず、部分的な冷えの症状がとても強く、場合によっては痛み・のぼせなどの不調などを伴う状態をいいます。よく言われるのが「おしりをさわって冷たいと感じたら冷えている」と言うものです。人間の体は、毛細血管を使って外へ体温を逃がさないようにする機能をもっています。ところが、何らかの要因で毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため、冷たくなってしまいます。動脈硬化などによって毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、外の気温が低くて、毛細血管が縮んで元に戻らず血行が悪くなるのです。そうなると、血液の行き届きにくい手や足の先に影響がでるのですね。冷え性は言いかえると血行不良であるとも言えます。こうした冷え性は、冷えをもたらしている原因を知って積極的に対処法を行うことで、その症状が少しずつ改善されていきます。

では、血行不良が起こるのにはどのような原因が考えられるのでしょうか。非常に単純に、ぴったりとした服を着ることも、体に圧迫をかけることになるので、毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。ゆるい衣服を着ている人ときつい服を着ている人とでは、体温の上昇の仕方が違ったりもするそうです。

体には季節・温度・気候に対して体内温度を調節する機能がありますが、クーラーや暖房の設備に頼りすぎると、神経機能が鈍って、皮膚から脳に冷たい・寒いなどの情報がうまく伝えられなくなるともいいますね。いざという時に身体を暖める血液を送り込むように命令を出す、自立神経がうまく機能しなくなるという理由です。また、運動不足でも体の代謝が低下し、血液の循環が悪くなります。筋力が低下する事によって免疫力が弱り、自律神経がうまく働かなくなって、毛細血管が収縮するのを助長すると言われます。また、食べ物も大きな要因のひとつだと言われており、ファーストフードやチョコレートなどのお菓子は「陰性の食べ物」と言われて、身体を冷やす効果があるだけでなく、血液をドロドロにし循環を悪くさせるので注意が必要です。

冷え性は手足が冷えるだけでなく様々な症状が現れます。血の巡りが悪くなることで、乳酸という疲労物質が増加・蓄積されていき、肩こりに悩まされることも多いです。また、体が冷えることで、首や・肩・背中の筋肉が緊張し、血液循環が悪くなり、頭痛に悩まされるようになったり、お腹も冷えて、下痢や腹痛が多くなります。意外なところでは頭髪への血流が悪くなり、毛根部分の代謝が低下して栄養成分が不足してしまい、脱毛や薄毛の症状が見られることもあります。また、代謝が悪くなるということで、老廃物がうまく排出されず、細胞の活性化が停滞して、吹き出物・シミ・シワ・肌荒れがひどくなったりもします。水分代謝のバランスも悪くなるので、腎臓機能が低下して、足が太くなったり、手や顔が腫れぼったくなる、むくみも引き起こします。

そして、自立神経が弱っているので、適切な体温調整ができず、体が弱りやすく風邪をひきやすい体質になったり、消化液の分泌を抑制してしまい、食べ物をうまく消化できなくなって、胃もたれを起こしたりもします。自立神経の不調は、他にもホルモンのバランスが崩れる原因にもなるので、女性では生理不順などを引き起こしますが、「冷えているのに、のぼせたような感覚になる」冷えのぼせなども、更年期を迎える女性に多い症状です。

また、毛細血管が収縮してしまうと酸素を運ぶ力が低下し、貧血起こしたり、すぐに体がだるくなったりします。貧血は血液中の赤血球が少ない状態の事で、この赤血球は酸素を運搬する役目を担っていますので、体力不足・疲れやすい・手足が冷える・顔色が悪い・めまい・立ちくらみ・息切れなどの状態に陥るのです。他にも、やる気がなくなったり、鬱や苛立ち、物事に取り組む意欲や集中力の低下が起こるようになります。

人は体温が上がってから眠りに入るというメカニズムがありますが、冷え性の人は血行が悪くなるので、このメカニズムが狂ってしまいます。体内温度がなかなか上がらないために眠ることができなくなったり、手足が冷えてしまうことで、集中して寝ることができなくなることもあります。

自分で「冷え性」だと感じていなくても、このような症状に当てはまる場合は「かくれ冷え性」である可能性があります。これは自覚のない冷え性のことで、外見は血色も良く、健康そうに見えても、自分では気がつかない体に冷えがあるために、体調を崩しているケースです。「かくれ冷え性」は、不調が出てきても病院で検査を受けると「異常はない」と診断され、不調の治療を諦めているケースが多いようですが、それは言い換えれば、不調が回復しないときは水面下にある「冷え」に気づいていないからという可能性があるということです。早めに冷え性を自覚して、改善する対策をとることが大事です。

冷え性は、その原因によりいくつかの種類にわけられるそうです。自分がどのタイプの冷え性なのかを知ることで、冷え性改善への正しい対処法が実践できるようになります。

冷え性にもっとも多いのが、自律神経失調型といわれています。自律神経はストレスの影響を受けることが多いといわれます。ストレスを受けると交感神経が緊張するために、血管が収縮して血行が悪くなり、冷えの原因になるのです。

次に低体温型の冷え性があります。人間の体温の平均は36.5度くらいですが、低体温の人の体温は35度台と低めで、体温のもとになる熱をつくる筋肉の量が少ないことが、「冷え」を生みます。運動不足の人、筋肉が発達していない人、筋肉が低下したお年寄りなどに多くみられます。

他に、女性に多いのがホルモンのアンバランス型です。女性は、生理・思春期・妊娠・出産・更年期というさまざまなタイミングで、女性ホルモンのバランスが変わります。そのホルモンの変化が血管のコントロールにも影響し、冷え性が起こります。特に更年期には、「更年期障害」といわれるさまざまな症状が起こります。

低血圧型の冷え性もあります。低血圧とは、心臓が血液を送り出す力が弱い状態で、血液が末端の手足の先までなかなか届きにくいために、冷えが起こります。

他には貧血型があります。血液中に含まれるヘモグロビンが少なくなって、貧血状態になると、赤血球に酸素を運ぶ能力が弱くなり、全身でエネルギー熱量を生み出せなくなり、冷え性が起こります。貧血が原因の冷え性は、手足だけでなく全身が冷えている状態になります。

体温が1度下がると、基礎代謝が12%低下し、免疫力がおよそ40%低下します。体温が下がると体内のさまざまな化学反応を促進している酵素の働きを低下させます。酵素は、体内で食べ物などを分解したり、体の栄養素を作ったり、悪い物を解毒したりする物質で、36.5度でもっとも働くようになっています。つまり体が冷えていると、酵素がちゃんと働いてくれず、基礎代謝や免疫力が低下してしまうことになるわけです。すると、疲れやすかったり、免疫力が落ちたり、さまざまな症状や病気をもたらす原因にもなります。免疫力が下がるということは、ガンの発症率が高くなり、ガン細胞への抵抗力が下がるということ。ガン患者さんのほとんどが冷え性だという話もあります。ガン以外にも低体温は、糖尿病・骨粗しょう症・間質性肺炎・認知症・アレルギー疾患などさまざまな病気をおこすとも言われているようです。体温というのはとても重要なのですね。

さて、それでは冷え性と食べ物の関係を考えてみます。冷え性によくない影響を与える食べ物があるということは、少しだけ前述しましたが、東洋医学の考え方では大きく分けて「陰性」「陽性」「中性」の食べ物があります。「五性」という考え方に基づいた、陰性→涼性・寒性、中性→平性、陽性→温性・熱性という呼び方もありますが、今回は陰中陽で話を進めます。

陰性の食べ物には、体を冷やす効果があります。暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜などで、基本的にカリウムの含有量の多い野菜類などが属します。具体的には、きゅうり・セロリ・とうがん・ナス・白菜・もやし・レタス等の緑黄色野菜・メロン・スイカ・みかん・バナナ・ビワ・ゆず・海苔・ひじき・カニ・あさり・しじみなどです。

陽性の食べ物には体を暖める効果があり、鉄分・タンパク質・塩分の3栄養素を多く含んでいる食品が多いようです。具体的にはニンジン・ごぼう・レンコン・にら・かぼちゃ・ネギ ・ 桃・サクランボ・あんず・エビ・なまこ・しょうが・とうがらし・にんにく・山椒・胡椒・みそ・しょうゆ・梅・栗・くるみ・山芋・紅茶など…主に寒い地方で採れたり、冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。

中性の食べ物は、身体を冷やす事も逆に暖める事もしません。属する食材は少ないのですが、玄米・モロヘイヤ・じゃがいも・いちご・かれい・春菊・れんこん・干し柿・さんま・絹さや・しいたけ・大豆・はちみつ・さつまいも・マッシュルーム・いか・小豆・オリーブオイル・里芋・たら・ごま・ほたて・かき…などです。

陰性・陽性の食べ物の中でも、さらにその効果が出やすいものは極陰性(寒性)・極陽性(熱性)として分類されており、また、陰性の食べ物になる、ラード・ご飯・うどん・小麦・大麦・チョコレート・スナック菓子などや陽性の食べ物である、赤身の魚・羊肉、豚肉・鶏肉・卵などはその属性の効果はあるものの、血液をドロドロにさせる食べ物にも分類されています。

東洋医学の「証」や他の食べ物の分類との兼ね合いで、陰中陽の線引きは難しいところですが、冷え性というのは体が陰性に傾いている状態の総称なのだそうです。となると、陽性の食べ物ばかりを食べていれば良いのかというとそうではありません。そうしてしまうと体が陽性に傾きます。体が陽性に傾くと血液が濃い状態で、高血圧・不眠症・ヒステリーなど症状が出るといわれています。つまり、体を陰性に陽性にも傾いていない、中性を保つことがコンディションがベストな状態だということです。

では中性のものばかりを選んで食べれば良いのかというとそうではなく、例えば中性の食べ物である玄米も、主食として毎日食べるとなると弊害も出てきます。では、どうやってこの陰陽を食事に取り入れればいいかというと、大事なのはバランスや調理法になってきます。例えば陰性の食材なすを、陽性の食材味噌と一緒に食べたり、陰性のもやしをゆがくことでカリウム流してから食べるなど、食べ方に工夫をして、トータルの食事としてどうなのかということを考えるのです。冷え性の人は体が陰性に傾いている体質なので、中性を保つには意識して陽性の食べ物少し多目に食べると良いということなのですね。

さて、冷え性に良い食べ物を探していると青汁で冷え性が治ったという体験談が見つかります。ところが青汁の原料である野菜類は、主に緑黄色野菜に分類されていて、東洋医学的に陰陽で考えると、体を冷やす陰性の食べ物だといえます。それなのにどうして冷え性が良くなると言えるのでしょうか。

これについては諸説ありますが、マクロビオティックや、この食の五性を追究しているといろんな基準や意見があることに気付きます。マクロビオティックについては創設者が亡くなってから、内部からもその説を覆す提言者が出たり、陰陽についても生姜を陽性の食材としている場合や、極陰性としている場合もあります。では何を信じれば良いの!?という疑問がわきますが、何であっても大切なのは「自分の体に合ったもの」であるかどうかです。例えば100人中、自分以外の99人が体調が良くなる食べ物があるとしても、もし自分がそれに対してアレルギーを持っていたら、それは毒になりますよね。アレルギーは極端な話ですが、自分の生活には何らかの癖がついています。例えば睡眠時間とか、お風呂の入り方とか、食事の内容とか好みとか…先程の陰陽でいえば、その癖によって体がどちらかに傾いているともいえるわけですね。例えば体重だって太りすぎてれば高血圧や生活習慣病のリスクが高まるし、痩せすぎていれば免疫力が低下していて病気にかかりやすくなるし「ちょうど良い」という状態をキープすることが大事ですよね。体質にしても同じことが言えるのだと思います。ある流派の考え方に忠実に熱心な主張は、その考え方がその人の体質や生き方にとてもフィットしているのだと思います。そして大筋で間違っていないので、大体の人の偏りが正されて「ちょうど良い状態」に近づいていくから支持されるのだろうと思います。なので、もし、自分がとある主張にフィットする体質であればその通りに信心すれば楽だと思います。試行錯誤してある部分だけを抜粋したり、ある部分だけを参考にしたりしなくてもマニュアル通りに続ければ健康につながる体質ならば、とにかくラッキーです。体の状態は十人十色、先程の東洋医学でも五性だけではなく、気の流れや証などといった色々な要素が絡み合っているとされています。とある説に基づいて健康法を忠実に実行して何らかの結果が出ても、どこか引っかかる部分を感じたり、もしくは定説とはまったく逆の効果を実感することもあると思います。それこそ一部分は自分に合っていても、ほかの部分が期待とは違う効果を生むことは、決して不自然なことではなく、むしろ体質や体調は十人十色といえるなら、至極自然なことだと思います。試行錯誤なしで100%自分にフィットしている方法が既存の説にあるとすれば申し分ありません。でも、実際に多くの人は、納得できたり、興味のあることをかいつまんで、いいとこどりで健康を意識した生活を送っているのではないでしょうか。私はむしろ、そういった形のほうが正しいのではないだろうかと思います。

さてその意味で青汁と冷え性の関係を見てみるとしましょう。青汁の原料である緑黄色野菜にはカリウムが多く含まれているという特徴があります。先程「陰性の食べ物にはカリウムが含まれている」と言いましたが、このカリウムには利尿作用があります。水分を排泄するということは体温を下げることに繋がります。私はこれが陰性の食べ物が体を冷やすと言われるゆえんだと思います。そして「体を冷やすから避けるべき」とするには青汁はちょっともったいない食品であるとも思います。

何故なら、冷え性の症状を見てみたときに気付くのですが、貧血・血行不良・肌の不調・胃腸の不調・ホルモンバランス・自律神経…これらのすべてが青汁に求められる効果の中で聞いたことがあるようなものばかりではないでしょうか。青汁に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素などは、体を冷やすというデメリットよりは、代謝を促進して、血液の状態を良くして、毒素の排出を助ける役割の方が大きいように感じるのです。もちろん体を温める食材であるとは言えないかもしれませんが、大切なのはバランスと、組み合わせや調理法で調整できるということです。陰陽に拘るならば、生姜を加えて温かいお湯で溶けば調整することができます。しかもわざわざ組み合わせなくても、生姜入りのものや酵素も維持してあるものなど、探せば求めている食材が好条件で含まれている青汁が選べるほど、種類も豊富です。何よりそのまま飲むか、水分で溶けば飲めるという手軽さが「野菜を意識して摂る」という行為に対しての時間や手間のストレスをなくしてくれます。

食事の最初に飲み始めておくだけで、普段の飲み物として持ち歩くだけで、いつでも手軽に野菜のメリットをプラスできることが最大の魅力だと思います。そういった意味で、冷え性の症状に悩まされている人がいるならば、試してみて損はない食品だと思うのです。自分の体を冷えた状態から「ちょうど良い状態に保つ」ために、青汁を食事に組み込んで、生活習慣の改善の第一歩を踏み出してみるのも良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ