原材料だけではわからない青汁のこと

どんな青汁なのかなぁっていうのを知る上で、まず気になることの一つが原材料名だと思います。
私自身も数多くの青汁を飲み比べる中で、原材料名を見て、どんな青汁なのかを想像し、その後飲む・・という形を基本線としてやってきました。

かなりのケースにおいて、記載されている原材料名から想像される通りの味である場合があるのですが、一概にはそうとも言えない場合がありますね。

青汁カツオ

その一つに、原材料の比率により味が変わってくるということが言えるように思います。
原材料名の欄には、どういう原料がどういうパーセンテージで含まれているかということについては書かれていません

なので、例えば、同じケールが含まれている青汁でも、ケールのくさみが非常に強い青汁もあれば、全然くさみを感じない青汁もあるわけです。
まぁ、後は、くさみを隠すための製法であるとかそのための原材料を含むなどの工夫もあるのかもしれません。

また、甘さについても、オリゴ糖など、甘さを出す原材料を含んでいる青汁たちの間でも、その甘さ加減に差があったりもします。

これも、やはりそのオリゴ糖がどれくらいのパーセンテージで含まれているかなどが影響してのことではないかと推測することができるわけです。

ということで、青汁について、記載されている原材料を見ることでその青汁が大体どのような健康に対する良さがあって、大体どのような味であるかということについてはある程度想像することはできるけど、実際にどうなのかしっかりと知るためには、やはり実際に飲んでみないとわからないということなんですよね~。

★関連おすすめコンテンツ★
青汁効果【青汁の効果について原材料から考えているコンテンツです。】

このページの先頭へ