乳青口コミ|青汁プラス乳酸菌。

乳青。植物性乳酸菌青汁を略して乳青ということみたいですね。
パッケージは、そのままダンボールであるかのような感じ・・・。
敢えてこの余計なことをしていない・・・というようなことを印象づけているようにも思えますね。

乳青 外箱
原材料を見ていきましょう。
大麦若葉末、粉末還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、ブドウ糖、オリゴ糖、ケール末、ビートファイバー、抹茶末、乳酸菌、キダチアロエエキス末、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビオチン、葉酸、ビタミンB12、(原材料の一部に乳を含む)

と外箱に書かれています。大麦若葉末だけでなく、ケール末も含んでいますから、パッケージの見た目通り、本格派の健康目的の青汁なんだろうなという感じがします。
後は、糖関連の原材料、抹茶末も含まれていますので、美味しさもそれなりなんじゃないのかな?と印象も受けますね。

ただ、これまでたくさんの青汁を飲んできましたが、ケールを含む青汁は、頑張って飲めなくはないほどには調整できていても、美味しいとは言えないという青汁が多いので・・・今回の乳青がどれほどのお味なのかは楽しみですね。

コチラがスティック。
乳青 スティック

コチラがコップに粉末を入れた状態。ニオイは青汁だなっていう感じがします。まぁ、大麦若葉とケール両方とも含んでいますからねぇ。ま、ニオイの割に美味しいという青汁も結構ありましたから、これだけではわかりません。
乳青の顆粒は、粒の大きさが均一ではありませんね。結構バラバラです。また、白い粒も混じっています。
乳青 粉末

それは早速飲んでみましょう。
乳青 試飲
水には溶けやすいですね。白い粒に関しては溶けずに目視できるものも残っていますけど。食欲をそそる美味しそうな緑色と言った感じ。

味は、ほのかに甘く、くせがない。ケールも全くと言って良いほどに感じませんね。

飲みやすく癖がないので、素晴らしい青汁であると言えると思います。

私がこれまで飲んだ30種類以上の青汁の中でケールが入っているのにお世辞でなく美味しかった青汁はえがおの青汁と、今回飲んだ乳青くらいです。

パッケージのあっさりした感じに反して!?と言って良いのだろうか・・・?すごく飲みやすさや味を探求して生まれた青汁だと思いましたね。

乳青基本情報

  • 栄養成分表示1日2包(6.4gあたり)
    |エネルギー25.0Kcal|たんぱく質0.47g|脂質0.13g|糖質3.75g|食物繊維1.73g|
    |ナトリウム6.96mg|ビタミンB1 0.55mg|ビタミンB2 0.66mg|ビタミンB6 0.8mg|ビタミンB12 1.2μg|葉酸100μg|パントテン酸2.5mg|ナイアシン8.0mg|ビタミンC40mg|ビオチン22.4μg|
  • 内容量
    201.6g(3.2gx63袋)
  • 価格
    4,800円(1袋あたり約76円)
    更に安くなるお得な定期購入もあり。
  • 販売者
    株式会社リアルメイト NS1
  • その他
    ---

★関連おすすめコンテンツ★
青汁効果【青汁の効果について原材料から考えているコンテンツです。】

このページの先頭へ