ベジパワープラス口コミ|名前の通りアメリカンな感じの青汁。

ベジパワープラスという青汁。パッケージは、何というか、青汁というよりサプリメントのようなお洒落さがありますね~。
何となく、若い人向け、スポーツをする人向けのようなデザインですが・・実際のところはどうなのでしょうか??

ベジパワープラス パッケージ
ということでこれがパッケージ。

ベジパワープラスの特徴と言えば、他の青汁の多くが、国産原料をウリにしているが、ベジパワープラスのウリは、原料の原産国がアメリカであるということ
パッケージの説明をみますと・・

ロッキー山脈に囲まれた、美しい空気とミネラル豊富な雪解け水に育まれた広大な農地で栽培された無農薬緑色食物を主原料に、海藻3種類を含む16種類の原料を絶妙のバランスで配合したパウダーです。

と書かれている。

また、安全へのこだわりとして198項目の残留農薬試験済。すべて検出せず

とも書かれている。

国産原料ではないという面における心配はとりあえず上述の記載を見る限りは問題ないと言ってよいのではないでしょうかねぇ。また、原料の原産国はアメリカだけど、最終加工は日本でされているみたい。

ということもふまえまして、原材料名も見ていきましょう♪

原材料は、アルファルファ、大麦若葉、小麦若葉、燕麦若葉、スピルリナ、クロレラ、ケルプ(海藻エキス)、ダルス(海藻エキス)、米ぬか、フラクトオリゴ糖、ウチワサボテン、アロエベラ、ショウガ、ユッカ、緑茶、キョードフィルス(乳酸菌類)、パイナップルフレーバー、ステビア

とのこと。

う~ん。青汁と言えば・・という原料だけじゃなく、クロレラとか海藻エキスなど総合的な健康飲料というようなイメージがわきますが・・いかがでしょうかね。

ベジパワープラス 手のひらサイズ
ちなみに、ベジパワープラスのパッケージは実はすごく小さいです。このように手のひらサイズ(6包/1箱)なんです。
こういう演出も、サプリメントのようなお洒落さがあるなぁと思った要因なんですよね。

ベジパワープラス 3箱
ということで私はとりあえず3箱買ってみたわけです。

ベジパワープラス スティック
これが青汁の入っているスティック。まぁ、スティックのデザインは普通ですね(汗)

ベジパワープラス 粉末
コチラが粉末をコップに入れた状態。鮮やかではない緑色。水に溶けにくそうな感じのパウダー。

ベジパワープラス 試飲
思ったほどは水に溶けにくくはありませんでしたね。とはいっても溶けにくい部類ではありましたけどね。
一部ダマにもなってしまいました。まぁ、それなりにしっかりとかき混ぜないといけませんでした。

なぜか粉末の鮮やかではない緑色が、水に混ぜると鮮やかな緑色になりました。

においはというと、甘そうな香りがします。

で、飲んでみますと、さわやかな感じ。甘味も感じる
だけど、美味しいという程の印象はありません(まずくて飲めないということはありませんけど)。

身体に良い原料のくさみ、まずさが消されきっておらず、感じてしまうというところかな。

原料のくさみを残しつつも、美味しさを主張させようという大味な辺りが、何となくアメリカンな印象を持たせてくれました・・。

中々特徴のある忘れられない青汁になりそう・・。

デザイン的にも、味的にも、フィットネス系、国際派のお洒落さんに似合う感じがしました。

興味を持たれた方は1箱6包だし、ためしに買って飲んでみては・・??

>>【送料無料で1,000円】ベジパワープラス(公式HP)

このページの先頭へ