ケフィアde青汁口コミ|美味しくはないけど、嫌いな人は少なそうな味

ケフィアを知らない人は最近少ないのではないでしょうか?テレビ通販などでもたびたび耳にするケフィアという名前。
ケフィアとはいったい何なのか?

ケフィアは、ヨーロッパのコーカサス地方で生まれた発酵乳。たくさんの乳酸菌や酵母が複合発酵した乳製品で、ロシアではヨーグルトよりも飲まれています

ケフィアには、結構値を下げる抗糖尿や、免疫力アップ、抗ストレス作用、紫外線・放射線で傷ついたDNAの修復などの作用があるとのこと。

健康だけでなく、お肌にも良いものとしてケフィアは期待できるということです。

そんなケフィアと、日本では割と古くから健康飲料として認知されている青汁がコラボしたのが

ケフィアde青汁

というわけですね。

ケフィアde青汁の原材料は
|難消化性デキストリン|ケフィア粉末|大麦若葉粉末|桑の葉粉末|還元麦芽糖|(原材料の一部に乳を含む)|
となっています。

ケフィア粉末以外は、一般的な青汁でもお馴染みの原材料と言えますね。

大麦若葉、桑の葉ともに、青汁の原材料としては一般的ではありますが、クサミが特徴的なケールは含まれていません。

ケフィアde青汁 パッケージ
ロシア公団認定本場のケフィアを使用」と左上に書いてある。

また、「香料・着色料・保存料 無添加で体にやさしい」とも書かれている。

パッケージの色使いもそれに伴うような感じで優しいですね。

ケフィアde青汁 付録
商品の他には、ケフィアに関することが書かれた冊子やそのほかケフィア商品のカタログのようなものが同封されている。

販売者の名前が日本ケフィア株式会社というだけあって、基本的はケフィアであり、青汁がそれに付随しているという形でのコラボ商品のようです。

ま、青汁だと、日本において認知度が高いですから、ケフィア単体よりも興味を持ってもらいやすいということがあるのかもしれませんね。

ケフィアde青汁 スティック
スティック状の袋に入っている。これは特筆すべきことはないですね。

ケフィアde青汁 粉末
粉末をコップに入れた状態。色は黄色っぽいと言えばよいのか、枯れたような印象がありますね。粉末の色だけを見ればあまり良い印象はありませんね。

ただ、ニオイは悪くないですね。酸味を感じさせてくれて、青汁のまずそうな感じはありません。

ケフィアde青汁 試飲
ケフィアde青汁を飲んでみました。

まず、水への溶けやすさは問題ありません。ダマになることはなく、若干粉っぽいものを目視できるものの綺麗に混ざってくれます。

味は、酸味を感じます。これが一番の特徴ですね。

他の青汁でもそうですが、大麦若葉や桑の葉はさほど味や香りにおいて主張がありません。

それもあってか青汁特有のくさみを感じることなくケフィアの酸味が目立つのかもしれません。

過剰に味を美味しく調整しているという感じがないので、飲んでこれは身体によいということは感じることができると思う。

酸味があるので、何となくシャキッとするというか元気になったような気持ちにもさせてくれますしね。

反面、美味しさという面では、絶賛するような美味しさとまでは言えないかもしれません。

ですが、酸味を第一に感じ取ることができる自然なこの味はまずくて飲めないという人はあんまりいないのではないだろうかと思う。

特に女性はこういう酸味があって自然な感じの飲み物は好きになると思う。

ケフィア自体、扱っているところも少ないですし、ましてや青汁とコラボしているところなんて私の知る限り、このケフィアde青汁しかありません。

ということで、中々独自性がある良い青汁であると言えると思いますね。

このページの先頭へ