アサヒ菜善青汁口コミ|クセがなく、万人受けする無難な健康系青汁。

アサヒ菜善青汁という青汁。パッケージは、主張しすぎない感じでシンプルですね。
大麦若葉とアロエ、乳酸カルシウムで健康増進。そして、還元麦芽糖水飴、宇治抹茶で味を調整しているというような感じでしょうかね。
成分は割とシンプルな部類に属する青汁と言えるんじゃないかなぁ。それほど特徴的だという印象はないですね。

アサヒ菜善青汁

原材料名を見ていきましょう♪
有機大麦若葉末、還元麦芽糖水飴、宇治抹茶、アロエエキス末、乳酸カルシウム
と書かれていました。

ウリとしては、
農薬、化学肥料未使用栽培大麦若葉
を使用している点かな。パッケージ表面に大きく書かれていますしね。
大分県の有機JAS認定農場で栽培された大麦若葉です。
エキスとして原料に含んでいるのではなく、新鮮な大麦若葉を微粉砕した粉末をそのまま使用しているので食物繊維、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンなどがバランス良く豊富に含まれていることもウリですね。

抹茶は100%宇治茶を使用。宇治茶は全国茶品評会で抹茶の部門で常に上位に位置づけされています。

菜善青汁の美味しさ、甘さを演出している還元麦芽糖はトウモロコシの澱粉(コーンスターチ)などから作られていて自然の麦芽糖から得られるアルコールで体内に吸収されにくい特徴があります。
カロリーは砂糖の1/2である1.9kcal/gと低カロリー。
カロリーが気になる方にもおススメの青汁となっています。

1箱に90パック(3ヶ月分)入っているのが最小単位になっているのもまぁ特徴と言えば特徴かなぁ?

無難な青汁だし、長く続けてもらいたいというのもコンセプトにあるのかもねぇ。

菜善青汁を新鮮な野菜と成分比較すると、

成分/食品・野菜 菜善青汁 キャベツ キュウリ トマト
カルシウム 101.71mg 43mg 24mg 9mg
マグネシウム 8.58mg 1.26mg 1.35mg 0.81mg
1.26mg 0.4mg 0.4mg 0.3mg
食物繊維 2.19mg 1.9mg 0.8mg 0.7mg

※菜善青汁は1日の目安3袋分。

データとしてみると、圧巻ですね。
菜善青汁を飲むことで、実際にどれだけ野菜不足が補えるかがざっくりわかります。

1日3袋菜善青汁を飲んでいるだけで、仮に他に食生活を変えなかったとしても、

食物繊維はキャベツ1/2個分、鉄分はキュウリ大3本分、カルシウムはトマト12個分

摂ることができるわけです。

アサヒ菜善青汁 スティック
スティックもシンプル。う~ん。確かにシンプルな方が、安心感があるような気持ちにも少しなってきたゾ(汗)。

アサヒ菜善青汁 粉末
これが粉末。ニオイはごくごく普通。大麦若葉の青汁の一般的な香りの範疇ですね。
ぽろぽろと白い顆粒もまざっている。顆粒の大きさは均一ではないですね。全体としては、均一ではないが平均的に非常に細かいですね。

アサヒ菜善青汁 試飲
アサヒ菜善青汁完成~。飲んでみました。

予想に反して水に溶けにくいですね。マドラーで混ぜても完全には溶けることはないです。だまになるようなことはほとんどありませんでしたけど。

色は、鮮やかな緑で身体に良さそう。

飲んでみると、溶けにくさによる粉っぽさはやはり感じてしまう。それに関してはマイナス要因かなぁ?

味は、くさみというものはあまり感じない。還元麦芽糖水飴によるものなのか極々甘さを感じる。

舌触りはアロエエキス末の影響なのか若干の立体的な印象がある。

全体の感想としては、くせの強いタイプの青汁ではないので、誰でも無難に飲むことができるだろうなという感じでしたね。

家族みんなで健康増進のために・・というには、無難な味だし、1箱で90袋も入っているし、良いと思う。

菜善青汁基本情報

  • 栄養成分表示(1包3gあたり)
    |エネルギー7.26kcal|たんぱく質0.31g|脂質0.08g|糖質1.59g|食物繊維0.73g|
    |ナトリウム0.83mg|カルシウム35.70mg|カリウム31.50mg|鉄0.42mg|マグネシウム2.86mg|
    |亜鉛0.05mg|ビタミンB1 0.01mg|ビタミンB2 0.01mg|ビタミンA(レチノール当量)3.78μg|
    |総クロロフィル4.59mg|
    スーパーオキシド消去活性 13.0x103単位/g
  • 内容量
    90包(1包内容量:3g)
  • 価格
    10,290円(1袋あたり約114円)※通常購入の場合
    7,140円(1袋あたり約79円)※定期購入会員の場合
  • 販売者
    アサヒ通信くらぶ 有限会社ライフアップ AU

このページの先頭へ