そのまま青汁口コミ|酵素が摂れる生しぼりSD製法の青汁

そのまま青汁という青汁を知っていますか?名前からすると、野菜をそのままというメッセージを込めてこういう名前なんだろうなと特に疑問を感じることもなく思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、このそのまま青汁という名前には、その曖昧な思いだけではなく特徴をしっかりと表現した名前だったりします。

そのまま青汁は「生しぼりSD製法」で大麦若葉を粉末化しています。

どういう製法かというと、大麦若葉を

刈り取り⇒裁断⇒生搾り⇒低温噴霧乾燥(過剰に熱をかけずに粉末化)

という流れで粉末にするため、熱に弱い酵素を活かしたまま青汁としているわけです。

そのまま青汁 セット
そのまま青汁のセット。シェイカーつき。

そのまま青汁 パッケージ
原材料を見ると、

|大麦若葉エキス末(難消化性デキストリン)|デキストリン|

実にシンプル。

そのまま青汁 シェイカー
1箱30包ですがシェイカーの中にも6包入っている。

そのまま青汁 スティック

そのまま青汁 粉末
粉末は青汁だなというニオイがする。

そのまま青汁 試飲
水を注いだ状態。凄く緑が濃いです。

シェイカーがついていましたが、はっきり言ってシェイカーは不要なほどに水に溶けやすいです。これは流石生絞りSD製法と言ったところでしょうか。

青汁の中には、細かな葉っぱをそのまま飲んでいるような青汁もありますからね。

飲むと・・・味に関しては可もなく不可もなしといった感じ。

大麦若葉は、ケールに比べると癖がなく飲みやすいと言われますが、生絞りSD製法で酵素が生きた状態のものは・・・大麦若葉を結構感じ取ることができてしまう。他の成分で味を調節しているわけではないのでなおのこと感じ取れてしまう。

それでも、飲めないということはないかもしれませんが、なにせほぼ大麦若葉のみの青汁なので美味しいとは言い難いかも。

そのまま青汁というだけに、生っぽいと言えばいいのだろうか。

ねっとりしている。

同じ酵素が生きた青汁でも生青汁はかなり美味しい部類の青汁でしたので、酵素を青汁で摂りたいけど青汁初心者という人は、生青汁の方が良いと思います。
(参考)生青汁

そのまま青汁。飲み心地としては、やや上級者向けにも思えますが、身体にスムーズに栄養が入ってくる感覚があります。
本物志向の方にはおすすめかなと思いました。

このページの先頭へ