【ポーラ】若葉と花の青汁口コミ|完成度の高い飲みやすさ。

化粧品業界では・・というより、会社としてもう知らない人はいないであろうポーラさんが出している青汁です。美容と健康は切ってもきれないといいますかつながっているといいますか・・・。
外側からの美だけじゃなく内側からの美も提供しようというわけですかね・・。

【ポーラ】若葉と花の青汁 パッケージ
割りとシンプルな感じですね。

2種類のフレッシュな国産若葉と花のエキスをブレンドした・・・

と書かれている。パッケージ的にはオーソドックスだけど、やはり基本女性向けの青汁ということなのだろうか?

ということで裏面の原材料名を見てみました。

大麦若葉末、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、抹茶、葛の花エキス、スピルリナ末、黒糖、甘藷若葉末、黒豆きな粉、キダチアロエ末、デキストリン、玄米黒酢、サンゴカルシウム

とのこと。

大麦若葉は、青汁の原材料としてはほとんどの青汁に含まれているほどメジャーなものですね。

甘藷若葉を含んでいるというのは青汁の中では割と珍しいですね。サツマイモの茎と葉の部分で、ポリフェノール・鉄・カルシウムなどを含んでいます。

大麦若葉、甘藷若葉は熊本・阿蘇のふもとで農薬や化学肥料を使わずに手間暇かけて育てられたものを使用。

葛の花は秋の七草のひとつでイソフラボンやサポニン、ホメオスタシスを含んでいます。葛の花エキスには二日酔いの予防、肝臓の機能保護の作用があると言われています。

サンゴカルシウムも含んでいますが日本の最西端、与那国島産の化石サンゴを使用しています。

黒豆きなこは黒大豆を皮ごと煎って粉にしたもの。イソフラボンを含んでいます。

玄米黒酢は玄米を発酵させた醸造酢の内の一つです。

青汁だけでなく、話題の健康素材も数種類含んでくれています。健康イコール美容とは良く言われますが、ポーラの青汁ということで、肌に良いとされるコラーゲンなどを入れているのかなぁ・・・などと想像していたわけですが、原材料を見ると予想に反して!?正統派の健康志向的青汁という印象を受けますね。

【ポーラ】若葉と花の青汁 袋
これは、若葉と花の青汁が入っている袋。

【ポーラ】若葉と花の青汁 粉末
これは粉末をグラスに入れた状態。
粉は、細かくてサラサラしているという印象。

大部分が非常に細かい粉末だが、一部大きめの顆粒もあり。また、白い顆粒も若干混じっていますね。

色は緑に近い黄緑色と言ったところでしょうか。

【ポーラ】若葉と花の青汁 試飲
飲んでみました。まず、溶けやすさですが、中々溶けやすさは良いですね。粉末がダマになることもなく溶けやすい。マドラーで数回かき混ぜるだけで綺麗に混ざりました。

色は濃すぎず薄すぎず何ともいえず絶妙な感じで美味しそうな抹茶色。

味はといいますと、まず青汁のくさみは全く感じませんでした。

口あたりがさわやかで、感じるか感じないほどにわずかな甘みがある

系統的にはえがおの青汁に似ているなぁと思った。

えがおの青汁と比較すると、若葉と花の青汁の方が、美味しさの主張が少し弱いような感じでしょうか?このことが良いか悪いかはわかりませんし、もしかしたらそういう風にわかっていて作られたものかもわかりませんしねぇ。

後は、わずかに粉っぽさは流石に少しはありますね。

とはいえ、総合的に見ますと、しっかりと味に工夫がされているハイレベルな青汁であると思いました。

なぜか、ポーラさんの青汁ということで・・・大きな会社だということもあるのかなぁ?
このハイレベルな青汁を飲んで、白衣を着た研究者たちの頑張る姿が思い浮かびましたよ。

まぁ、それだけ、完成度の高い青汁だと感じたということなのかもしれませんね。

 

【ポーラ】若葉と花の青汁基本情報

  • 栄養成分表示(1袋3gあたり)
    |エネルギー7.2kcal|たんぱく質0.27g|脂質0.07g|糖質1.32g|食物繊維0.97g|
    |ナトリウム1.84mg|カルシウム89.2mg|鉄0.31mg|
  • 内容量
    90g(3gx30袋) / 180g(3g×60袋)
  • 価格
    3,780円(90g入1袋あたり約126円) / 7,350円(180g入1袋あたり約123円)
  • 販売者
    株式会社ポーラ PT
  • その他
    定期購入プランの記載無し

このページの先頭へ